たなごころブログ

2019-07-08 12:16:00

或る日の日常 #レクリエーション

6月後半から雨が多くなりましたね。さて今月は6月に行われたゲームレクをご紹介します。

ゲームレク(ゲームレクリエーション)とは、頭や身体を使い、無理なく遊べるゲームのことです。

たなごころでは、スタッフがいろいろ知恵を絞り、楽しいゲームプログラムをいつも考えています。

6月も賑やかな笑い声と歓声で沸いた内容でした。

 

リバーシブルディスク​

円盤を投げてチーム対抗で点を取りにいくゲームです。

投げる時は皆さん真剣な眼差しですが、そっと投げすぎて手前で落ちてしまう方や飛ばしすぎて飛び越えてしまうなど、失敗しても成功しても笑顔に変わる楽しいひと時でした。

リバーシブルディスク

 

 

タオルでポン

二人の息を合わせて123‼で、ボールをタオルで空中に飛ばして箱に入れるゲームです。

タオルの持ち手が緩いと、落下してくるボールが床に落ちてしまいます。また息を合わせないと斜めに飛んで落ちてしまうという、難易度はちょっと高いゲームでしたが、向かい合わせになった利用者どうし、お話をしながら楽しんでいらっしゃいました。

タオルでポン

 

カップインゴルフ

ダンボールをくり抜いたホールで、カップインを狙います。「モグラ叩き」のように穴がたくさん空いていますが、それは「たなごころグランドゴルフ倶楽部」オリジナルのホール設計。傾斜があるので、優しく叩いていたらボールが戻ってきます。でも皆さんとてもお上手でした。

カップインゴルフ

 

足で蹴ってボウリング

ふつうのボウリングでは物足りない!?と感じたスタッフ。そこで考えたのがサッカーボウリングです。

写真の通り、足元に置かれたサッカーボールをボトルピンに向かって蹴り込みます。

たまに蹴り損ねることもありますし、ピンの手前でボールが止まってしまうことも。

でもピンを全部倒して気分爽快になりたいからか、順番待ちが絶えませんでした。

足で蹴ってボウリング

 

風船バレー

こちらは定番のプログラムですが、いつも盛り上がります。

1966年東京オリンピックでバレーボール女子が大活躍した世代で、馴染みの深い方々が多いせいか、皆さん綺麗なフォームでパスをつないでいました。

風船バレー

 

 

6月のゲームレクについての紹介は以上です。

身内を褒めるのはおこがましいことですが、次から次へとアイデアを生み出してくれる、うちのスタッフたちは本当にすごいです!

このほかにもゲームレクのレパートリーはまだたくさんあります。ぜひ見学にいらしてください。

 

ご見学については、茨木市桑田町にあるデイサロン「たなごころ」までお問い合わせください。

 

毎月発行している「たなごころ通信」でも普段の日常をご紹介しています。

→PDFダウンロード

 

<お問い合わせ先>

デイサロンたなごころ

〒567-0841 茨木市桑田町9-18

TEL.072-601-0382

1 2 3 4 5 6